新栄グループは、アンピールマンションでおなじみの新栄住宅を基幹とする総合不動産企業グループです。

分かり易く丁寧に、
あなたの「相談役」となってアドバイス。
YOUR ADVISOR

あなたの大切な資産
アンピールにお任せ下さい。

私どもアンピールの不動産仲介(新栄不動産販売株式会社)はグループ各社の連携、ノウハウ、地元企業ネットワークを駆使してお客様の大切な資産活用をサポートいたします。
新栄グループは、1970年に基幹企業である新栄住宅株式会社の創業以来、福岡都市圏を中心に約9,800戸※の「アンピールマンション」の供給をはじめ、マンション、ビル、戸建てなどの管理、リフォーム、不動産の仲介・買取・再販、賃貸など、さまざまな事業を展開する総合不動産企業グループです。
収益物件、事業用物件などの「売却を急いでいる」「売却が進まない」、「整理をしたい」など、不動産の売却でお困りの方に、専門スタッフが仲介サービス・買取サービスによる売却はもちろん、グループ各社の連携による不動産の収益物件(賃貸)としてのご使用・管理業務・修繕など、お客様の大切な不動産の収益と資産を最大に活用出来るよう最適なプランをご提案いたします。
また、相続、税等のお悩みに、提携士業と連携しワンストップで解決いたします。お気軽にご相談ください。

※2020年7月現在(販売中の物件含む)

役立つコラム
~士業さんに聞く Vol.3~

福岡<博多(博多区)・天神(中央区)・西新(早良区)>不動産の市場動向

 福岡市の都心エリアは博多、天神を中心に形成されています。特にこのエリアはオフィス、商業、住宅が近接しており、まちがコンパクトにまとまっています。また、都市としての利便性の向上を目指したインフラの整備、博多駅周辺エリアで進む「博多コネクティッド」や天神エリアで進む「天神ビッグバン」も福岡市の魅力を際立たせています。特に福岡市地下鉄空港線の沿線地域については、戸建住宅やマンション居住者の利便性が高く人気のエリアでもあります。
 福岡市内の住宅地、商業地においてはコロナ禍でも不動産価格はいったん落ち込みを見せたものの、コロナ前の状況に戻っています。特に、戸建住宅やマンションについては、住宅ローンにおける低金利や金融機関の積極的な融資姿勢から不動産市場は引き続き活況を呈しています。また、利便性の高いエリアでは投資用不動産としての賃貸マンションは人気が集まり、投資利回りが低下し不動産価格が上昇しています。
 では、詳しく福岡市の3区(博多区・中央区・早良区)について、今年3月に発表された地価公示を参考に地価の動きを見ていきましょう。

 これらの3区については、特徴的なものがあります。サラリーマンの方などの実際に不動産を購入して住まれる方と不動産の物件のオーナとして投資されている方の人数のバランスが良いことが挙げられます。また、不動産の価格を見る上で重要な事柄として、「人口・世帯数の変化」と福岡市に住まれる方の「年齢構成」がありますが、これらの3区は、特にバランスの良さが突出しており、不動産の価格が底堅い要因となっております。

扇先生

不動産鑑定士、補償業務管理士、公認不動産コンサルティングマスター
扇幸一郎 (おおぎ こういちろう)
所属:よりそい不動産鑑定株式会社
専門分野:不動産
電話:092-753-9680
住所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目4番38号 チサンマンション天神Ⅲ209

お悩み事例はこちら

お問合せはこちら

役立つコラム
~士業さんに聞く Vol.2~
【福岡 不動産市場の今】

今回は、福岡の不動産市場の動向についてお話しします。

2022年3月22日に令和4年1月1日時点の地価公示が国土交通省より発表されました。
福岡県は地価の伸び率「住宅エリアで全国2位」「商業エリアで全国1位」という結果になりました。

福岡県の地価が上がっていることで、「福岡の地価公示が気になる」という方から多数お問合せをいただきます。

地価公示とは
「地価公示」とは、国土交通省が主体で土地の価格の推移を毎年発表しているもの。不動産鑑定士が鑑定評価を担当しており、当社の代表も鑑定評価のお手伝いをしました。

「公示価格」とは、国土交通省が発表している土地の価格のことです。

令和4年度の福岡県における地価公示
では、令和4年度の福岡県における地価公示について詳しくみてみましょう。

福岡県内にある全51市町の中で、標準地とよばれる鑑定評価の対象となる土地が933地点ありました。

この933地点のうち693地点で地価が上昇(⤴)、92地点で地価が横ばい(→)、136地点で地価が下落(⤵)という結果になりました。
全体の平均を前年と比較すると、1.9%→3.5%上昇し、令和4年度は更に上昇が大きくなりました。

【住宅地】令和4年地価公示の概要
<福岡市>
価格:10年連続上昇
変動率:上昇幅の拡大
R3年3.3% → R4年 6.1%
最高価格地点:福岡中央-2(大濠1丁目)の価格
R3年は825,000(円/㎡) → 870,000(円/㎡)

福岡県「住宅地の伸び率」第1位は?

福岡県「住宅地の地価伸び率」上位5はこちら↓↓↓

1.博多区山王1丁目・・・・・17.0%
2.博多区三筑1丁目・・・・・14.4%
3.博多区諸岡1丁目・・・・・14.3%
4.博多区那珂1丁目・・・・・13.4%
5.博多区博多駅南5丁目・・・13.0%
福岡市はコロナ禍でも人口増加や住宅取得支援施策、生活様式の変化などから、住宅需要は堅調であり、引き続き地価は上昇しています。

【商業地】令和4年地価公示の概要
<福岡市>
価格:10年連続上昇
変動率:上昇幅の拡大
R3年6.6% → R4年 9.4%
最高価格地点:福岡中央5-9(天神1丁目)の価格
R3年と同額 → 11,000,000(円/㎡)

福岡県「商業地の伸び率」第1位は?

福岡県「商業地の地価伸び率」上位5はこちら↓↓↓

1.博多区祇園町4丁目・・・・・18.0%
2.博多区博多駅南3丁目・・・・16.2%
3.中央区渡辺通2丁目・・・・・15.6%
4.中央区清川2丁目・・・・・・15.2%
5.中央区天神4丁目・・・・・・15.1%
福岡市天神・博多の中心部は、「天神ビックバン」等の大規模なプロジェクトが進んでいます。
全国の商業地の上昇率トップ10のうち、博多駅周辺など7地点が福岡市でした。大型商業施設「ららぽーと福岡」開業や七隈線延伸に伴う「櫛田神社前」駅の新設が、博多駅周辺の不動産需要に影響したとみられます。

令和4年度地価公示の詳しい情報については、弊社が発行しているニュースレター「Bamboo node Vol.5」にまとめています。福岡県内の市区町別の対前年平均変動率表もご確認いただけますので、 ニュースレターをご希望の方は、お電話やメールでお問い合わせくださいませ。

扇先生

不動産鑑定士、補償業務管理士、公認不動産コンサルティングマスター
扇幸一郎 (おおぎ こういちろう)
所属:よりそい不動産鑑定株式会社
専門分野:不動産
電話:092-753-9680
住所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目4番38号 チサンマンション天神Ⅲ209

お悩み事例はこちら

お問合せはこちら

役立つコラム
~士業さんに聞く Vol.1~
不動産を公平に分割し、相続する4つの方法

土地や建物など不動産の相続が発生し、もし相続人が複数人いる場合、「自宅などの遺産をどのように分けたらよいかわからない」というお問合せをいただくことが多くあります。
遺産には現預金や不動産や、債権や借金などがあります。
とくに、不動産は現預金のように均等に分割することが難しいため、遺産相続の際にトラブルの原因になりやすいです。
では、不動産を公平に分割し、相続するためには、どのような方法があるのでしょうか?
一般的に4つの方法があります。

現物分割イラスト

現物分割(げんぶつぶんかつ)

文字の通り、遺産を現在の形状のまま分割することです。例えば、一つの不動産を特定の相続人が相続し、その他の財産を他の相続人で分けるケースです。一つの物の形を変えずに相続人が取得します。最も分かりやすくシンプルな方法ですが、遺産それぞれの価値が異なるため、相続人間で公平に分けることが難しいのがデメリットです。

代償分割イラスト

代償分割(だいしょうぶんかつ)

特定の相続人が遺産の不動産を相続する代わりに、他の相続人に現金等の代償金を支払うことです。基本的に代償金は現金での支払いになるため、現物財産の相続人には、現金での支払い能力が必要になります。

換価分割イラスト

換価分割(かんかぶんかつ)

遺産の不動産を売却し、その売却代金で得た現金を各相続人でわけることです。代償分割と違い、代償として渡す資産を用意する必要がありません。しかし、現物のまま残せないことや、すぐには不動産の買い手が見つからないケースがデメリットとしてあります。

共有分割イラスト

共有分割(きょうゆうぶんかつ)

不動産を複数の相続人の共有名義にして持分で相続することです。例えば、遺産の不動産を複数の相続人が共同で所有できます。ただしその不動産を売却する場合や賃貸に出す場合は、共有者の全員の同意が必要になります。相続した後に、別のトラブルが発生する可能性があります。

相続における遺産の分割は、相続人である家族が円満に終わるのが理想的です。
万が一、不動産の遺産相続が発生した(する)場合、遺産を相続人同士で公平に分割する方法を知ることがとても重要です。弊社ではご相談者それぞれのケースに合わせて、不動産専門家の目線から最適な方法をご提案させていただきます。また、相続が発生する前の準備段階としてお問合せいただくことももちろん可能です。
あなたの不動産のお悩みは、30年以上不動産鑑定業界にいる不動産鑑定士にお任せください。

扇先生

不動産鑑定士、補償業務管理士、公認不動産コンサルティングマスター
扇幸一郎 (おおぎ こういちろう)
所属:よりそい不動産鑑定株式会社
専門分野:不動産
電話:092-753-9680
住所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目4番38号 チサンマンション天神Ⅲ209

お悩み事例はこちら

お問合せはこちら

福岡市が政令指定都市で増加数、増加率1位

2020年国勢調査の⼈⼝等基本集計結果(確定値)が総務省から11月30日に発表されました。
2020年10月1日時点の福岡市の人口は161万2,392人(15年比 7万3,711人増、4.8%増)、世帯数は83万1,124世帯(同6万6,304世帯増、8.7%増)で、いずれも政令指定都市で1位となりました。
人口増加率は福岡市7区すべてで増加し、最も高いのは博多区で10.3%増、最も低いのは城南区で1.4%増でした。
年齢別の割合は、65歳以上人口の割合が同1.4ポイント増の22.1%と高齢化が進行し、全国の割合28.7%を下回るものの平均年齢は43.9歳で、0.8歳上がりました。
世帯の人員数は、1世帯あたり人員は1.94人(15年は2.01人)で、1人世帯が52.0%(同49.7%)を占め、世帯の小規模化が進行しています。

また、住宅の所有形態は、持ち家率が36.3%で1.2ポイント低くくなりました。
住宅の建て方は、共同住宅の世帯率が78.4%で同1.5ポイント上がりました。

不動産投資の魅力とは

●インカムゲイン・キャピタルゲイン
不動産投資は、マンションやアパートなど、資産を保有し第三者に貸して家賃収入を得ることで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入のインカムゲインと不動産購入時の金額よりも、高い価格で売却することにより得られる収益収入のキャピタルゲインの2つ収入により利益を得ることができます。


●ミドルリスク・ミドルリターン
不動産投資は、株式の投資と比べると、価値の変動が緩やかですので、株式投資よりも資産価値の下落が起きにくく、ミドルリスクであると言われています。


区分マンション 投資の
メリット・デメリット
MERIT & DEMERIT

  • 「節税対策として投資不動産を購入したい」
  • 「所有している不動産を早期に売却して現金化したい」
  • 「相続税対策として所有している不動産を売却、または購入したい」

メリット

  • 投資がしやすい

    区分マンションへの投資は、1棟よりも売りやすく、買い手も多いので売買しやすい面があります。将来、処分することになっても、マンションの中の1部屋あるいは数部屋だけなので、資金に合わせた投資が可能です。

  • リスクが低い

    区分マンションへ投資することのメリットの一つは、マンション1棟を購入するわけではないので、リスクを分散でき、1棟全体と比べると低リスクで投資できる点です。

  • 手間がかからない

    動産を所有すると管理の手間がかかるものですが、区分マンションなら、管理会社に委託することで、オーナーの手間がほとんどかかりません。

  • 税金・相続対策として

    不動産投資は、節税対策としても注目されています。所得税や住民税、贈与税、相続税の節税も期待でき、将来的な資産形成を行えます。区分マンションへの投資は大きな資金では無く予算に合わせた投資が可能です。
    ※法律・税務についてのご相談は内容により弊社顧問弁護士、顧問税理士と連携してご相談を承ります。

デメリット

  • 空室になった場合にその収入がない

    マンション1棟を保有している場合は、どこかの部屋が空室になったとしても他でカバーすることできますが、1部屋の所有だとその部屋が空き室になれば、収入はなくなってしまいます。

  • リターンが少ない

    たくさんの部屋を所有している1棟全体への投資の方がどうしてもリターンが大きいです。しかし、裏を返せばマンション1棟よりも区分マンションの方がリスクは少ないということにもなります。

  • 思い通りの運営が難しい

    マンションの修繕や改築などは、マンションのオーナーあるいは管理会社が主に行います。責任が限定的である分、自由にできる部分も限定的にならざるを得ません。